かえる勤怠管理システム

かえる勤怠管理システムで勤怠管理をする

勤怠管理は以前のタイムカードを使ってやる方法だと、月末などの集計で時間がかかります。そこで、かえる勤怠管理システムで提供している勤怠管理システムを活用することで容易になります。事前に社員全員分のICカードを作成して毎日タイムレコーダーにかざして管理をします。

操作もとてもシンプルで、出勤、退出、外出、戻りなどの項目がありその項目をタッチしてカードをかざすだけで完了します。そして、設備投資が必要になりますが、基本的にはタイムレコーダーが無料でレンタルできます。

そのため、必要になるのが一拠点あたり月々の利用料5000円とタイムカードの作成料です。かえる勤怠管理システムを導入することで、結果的に人件費とコストを抑えることができます。そして、いろいろな拠点がある場合にも統括して管理できるというメリットがあります。しかも、リアルタイムで管理できるので外出しているとかという情報がすぐにわかります。

クチコミ情報

24歳男性
今までの勤怠管理は、タイムカードを毎日挿してもらいそのデータをもとに月末や締日に処理をしていました。経理からするとても大変な作業で時間もかかるほか手間もかかっていました。そこで、かえる勤怠管理システムの提供しているサービスを導入することで、円滑に進めることができるほか管理も容易になります。

導入コストは少しかかりますが、導入した後は自動的にデータが反映されるためあとは有給などの処理をするだけになります。社員一人一人にICカードを作成してそれをタブレット端末にかざすだけで管理ができます。JupiterTabという端末で一台まで無料でレンタルができます。操作も簡単で、いままではタイムカードを差し込んでいましたが、それと同じようにタッチパネルの出勤や退勤を押してICカードをかざすだけで完了します。

それ以外にも、営業マンだと外出や戻りなどもそこで管理できるので現在社内にいるかを知ることができます。それ以外にも、データはネット回線を使ってサーバーや管理するパソコンに送られるので、支店などが多い会社でも一括して管理ができます。集計されたデータはCSVファイルに書き出して、今まで使っていた給与ソフトにインポートするだけです。そして、事前に社員情報を入力しておけば有給の処理なども容易に行えます。

30歳女性
かえる勤怠管理では独自開発のタブレットを使用したスマートな勤怠管理が可能です。従来はタイムカードでの打刻、そして手作業での集計管理が必要でした。それだけでもかなりの手間がかかります。そんな手間をなくしてくれるのがかえる勤怠管理システムです。

タイムカードの保存や毎月のタイムカードの準備ももちろん手間でした。しかし、かる勤怠管理ならタブレットへの打刻はICカードや携帯を使用するためその他の機器の導入もありません。最初に用意しなくてはならないのは専用のタブレットのみです。しかもそのタイムレコーダーのレンタル料は0円だから初期費用がかかりません。カードをかざせば後は自動管理ですから、管理画面で簡単に確認できるから管理者にも便利です。もちろん管理画面からは打刻の修正も可能ですから重複や誤った打刻にも安心です。

医療従事者などの長時間勤務からパートや派遣などの短時間勤務まで現代では様々な勤務体系の人がいます。それらを従来のタイムカードからひとつひとつ拾っていくことは人の手間、時間がかかります。そんな手間もかえる勤怠管理でスマートになります。総務部の人の残業もなくなって嬉しい笑顔が見れることでしょう。

カテゴリー