タッチオンタイム

タッチオンタイムの勤怠管理システムについて

タイムカードの集計作業が面倒、拠点の勤怠データを一括で管理したい、そんな悩みをお持ちの企業の経理担当者や管理責任者の方は少なくないのではないでしょうか。そんな悩みを解消してくれるのが、タッチオンタイムの勤怠管理システムです。

タッチオンタイムの勤怠管理システムなら、勤怠をデータ化し、リアルタイムで確認することができます。もちろん、シフトの管理や作成も簡単に行うことが可能です。また、外出が多い営業担当者でも、スマートフォンから簡単に出退勤の打刻ができるところも魅力です。

このシステムを導入することによって、低コストで人件費の削減にもつながります。システムの導入後も、わからないことがあれば電話ですぐに対応してもらえるので安心です。是非この機会に、タッチオンタイムの勤怠管理システムを検討してみてはいかがでしょうか。

クチコミ情報

28歳女性
タイムカードをガシャンと押せば作業開始です。でも、考えてみたらこのやり方、なんだか面倒ではないですか。そもそも、月末にタイムカードを集めて集計というのも手間がかかります。タッチオンタイムなら指でタッチするだけです。そもそも、指紋は各自、違うモノですから。さらに、指紋だけでなくICカードの認証に社員IDやパスワードも管理できます。実際のところ、経理担当や本部管理、さらに従業員それぞれに悩みがありました。

これを全て、解決するためにもタッチオンタイムの導入を考えてみたらどうかということです。ただ、導入するにあたって気になるのが費用の問題です。いくら、便利なモノでも高額だと費用がかさんでしまいます。そこでタッチオンタイムの三つの特典を見てください。

一つは月額、一人につき三百円です。なので、簡単に月々、かかる費用が割り出せるというモノです。次の特典は初期費用が無料だということです。実際、システムを変えると費用がかかる場合があります。タッチオンタイムならその費用の必要がないわけです。さらに使ってみなければ判らないということで三十日間、無料お試し期間があります。しかも、導入後のサポート体制もばっちりです。

34歳女性
日頃から、勤怠管理を行ったり、そういったデータの集計を行っているという方もいらっしゃるでしょう。しかし、勤怠管理などは、自分の力のみで行っていくとなると、かなりの時間がかかってしまいますし、労力などもかかってしまいます。

そして、そういった労力などをなくしていけたらいいと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。そういった際にはタッチオンタイムというクラウドで勤怠管理を簡単に行えるシステムを利用してみられるといいでしょう。このシステムには、タイムカードでの管理は行わないため、とても簡単に行えるデータを集計することが可能です。また、有給休暇や残業の申請なども簡単に行えるため、そういったものに割いてしまう時間を減らすことができます。

さらには、このシステムは携帯電話やスマートフォンでも簡単に操作することができますので、外出先からでも操作を行うことができます。勤怠管理などをタイムカードで行っていると大変時間がかかってしまいます。しかし、タッチオンタイムには、そういった手間を省く能力がありますし、その省くことができた時間を本作業に回すことができますので、作業効率のアップをはかれるのではないでしょうか。

カテゴリー