ネクストタイムカード

勤怠管理システム導入ならネクストタイムカードを

勤怠管理ツールネクストタイムカード 営業にとって大変なのはタイムカードを押さなくては出勤にならないということです。確かに出張とかあらかじめ、申請していたらその必要はありません。しかし、タイムカードが営業にとって大きな負担になってきたのも事実です。なので、タイムカードを見直してみませんか。ということになってくるのでしょう。結局、従来のタイムカードにから方向転換したほうがいいというわけです。で、次世代のタイムカードがネクストタイムカードなのかもしれません。

別にタイムカードが進化してもおかしくないです。さらに使いこなすことができたらさらに会社にもメリットがでてきます。なんといっても三つのポイントに惹かれるはずです。というのも業界最安値1ユーザー200円です。なので、社員の分だけ費用がかかるわけです。ちなみに一月分ですから、考えてみたら従来のタイムカードより安くなるかもしれません。

なので、ICカードで管理できる方が便利です。オプション機能でICカードのデータを利用して交通費精算も自動化できるという優れモノです。勤怠管理システムとしてかなり、期待ができるでしょう。何しろ、企業は業績アップと経費削減が常に重要な課題になってくるのですから。

クチコミ情報

23歳女性
最近、ネクストタイムカードを導入したのですが、ICカードで出退勤を管理したり、交通費も清算出来るのですごく助かっています。今までは勤怠管理をタイムカードで行っていました。しかし最近タイムカードを辞めて、ネクストタイムカードを導入したことで、交通系ICカードをタイムカードの代わりに利用出来るようになり、すごく管理しやすくなりました。

また、勤怠管理システムは導入するのに高いお金が必要と思っていましたが、このシステムは低コストで導入する事が出来ます。また、従業員全員のタイムカードを保存していましたが、置き場所にいつも困っていました。しかし、このネクストタイムカードを導入して紙での申請を無くしたのですごく助かっています。

また、インストール型のサービスではないので、定期的にメンテナンスがかかったりしないので便利です。いつも最新の状態で使用出来るのですごくスムーズに作業をおこなうことが出来るようになりました。有休の申請やチェック、承認なども全てパソコンで行う事が出来るので、すごく助かっています。紙で行わない分集計作業が楽になりました。また、何より一番時間のかかっていた集計作業に時間をかけなくて済むようになり助かっています。

23歳女性
ネクストタイムカードとは、タイムカードの事ですが、昔の様な紙を機械に入れて出勤などの時間を打刻してもらっていましたが、今は、ネクストタイムカードの様にICチップが内蔵されているので、会社に設置されたタブレットを触るだけで、ピッと読み込んで出社時刻がデーターとして残ります。

今までは、事務所の勤怠を管理している人が、主にタイムカードを見ていましたが、自分でも、出社・退社時刻のページにいけば、そのデーターを見る事ができます。なので、いちいち毎日の時刻を書いて給与計算をしていました。

このカードを導入してからは、そういった事をしなくて良いので、楽に給与計算が出来ます。このカードを導入しようと考えたきっかけは、やはりコストダウンだと聞きました。事務所以外で働いている人の使う側も楽になりましたが、給与計算をする事務所の経理の方達の仕事の量が減りました。全て自動計算してくれるので、ミスも減りました。それと、何よりもタイムカードのカードの紙代なども掛かっていましたが、それも無くなりました。必ずタブレットを触らないとドアが開かない仕組みになっていたりする会社もあるので、タイムカードの押し漏れも無くなりましたので、全ての事に対してコストダウンやミス・漏れ等が無くなりました。

カテゴリー