bit-drive

勤怠管理者様の強い味方はbit-drive社です

勤怠管理は労務管理者様のご努力なしでは為し得ません。〆の日からはタイムカードと勤怠管理票との突合せなどで作業量は一気に増えて大変な状態にならざるを得ません。ましてや休暇取得や残業があったりで煩雑の極みであります。この煩雑さから解放してくれて正確に処理をしてくれる頼もしいシステムをご提案をさせて頂きたく思います。月半ばでの管理も素早く把握できます。つまり時間外勤務の管理で特定の個人への偏りなどの管理も簡単にスピーディに行えます。夢のような処理をしてくれるbit-drive「インターネットを使用した管理システム」のご導入を検討しては如何でしょうか。数店舗の管理者様も支店が遠い処に在る本社の管理者様にも個々人の勤務状態を管理者様ご自身の机の上でしっかりと正しくスムーズに行えます。

勤怠管理はインターネットを使ってスマートに行いましょう。紙ベースの打刻カードから、さっぱりとしたインターネットタイムカードに切り替えて、煩雑な作業から従業員様の負担を軽減いたしましょう。その分を他の作業に集中して頂くとより良い職場を目指せます。

インターネットタイムカードによる勤怠管理の導入をお勧めします。遠方の離れた工場へ出向く出張をする事なく、個々人の勤怠を管理できるbit-driveの勤怠管理システムインターネットタイムレコーダーの導入を考えてみるのも良いかもしれません。

クチコミ情報

29歳男性
bit-driveはソニーグループの法人向けクラウドサービスです。1999年に事業を開始して以来、5500社におよぶIT基盤を支えるソリューションサービスになりました。このサービスが生み出されたきっかけは情報システム担当者の悩みがありました。それは運用負担を低減するということです。ソニーグループではそういう問題に取り組み、データセンターやセキュリティ、モバイルサービスなどを提供していきました。

これまでのクラウドサービスではインターネットなどのサービスを利用して不特定多数の顧客と結びつく「パブリッククラウド」と閉鎖された環境で1社もしくは特定の顧客だけで結びつく「プライベートクラウド」がありました。パブリックでは既存のネットを利用するので、コストが安く、自社のシステム構築が不要で、保守運用が楽ということがありましたが、他方デメリットではセキュリティ上の問題があります。既存ネットを使っているのだから当然です。

他方、プライベートではセキュリティ上の問題はありませんが、コストが高くなることが問題です。そこでbit-driveでは仮想空間にプライベートクラウドを展開することを提供しています。気宇すればスケールメリットとセキュリティの両者を実現することができます。

33歳女性
bit-driveとはハイテクな勤怠管理システムの1つです。このハイテクの勤怠管理システムでは従業員の勤務時間と出退社をする時刻は、画面に直接入力したり、対応カードをかざしたり、スマホや携帯電話で入力することで解決させられます。そのため外部に出張してる社員も外出先から携帯など使用して遠隔操作が可能になります。そして入力されたデータはオンラインでその都度集計されて、いろんな角度で調べられるから、残業時間の多い人は誰かなどを一目で把握可能になるし、それに紙のタイムカードでやっていた時代のように、毎月毎月膨大な集計作業が不要になる、その集計作業の際に入力間違いが生じて計算が合わなくなってパニックになるなんてこともなくなります。

しかしこのbit-driveの魅力は、オフィス以外での職場に使用しやすいという点となります。例えば保育園などではたくさんの園児さんを預かってますが、その送迎の際に親御さんたちとやり取りをするときは、成りすましによって誘拐されることが一番の懸念となります。しかしこれを使えば、あらかじめ登録していたゼスチャーで認証可能となり、誘拐防止に貢献できるようになります。

そしてこのシステムを使う場合にもう1つスバラシイ点は30日間無料でそれを試せるということです。これらハイテクな勤怠管理複合システムを導入する場合は操作の複雑さも相まることと、他社の多くは無料で試し使えない場合が多く、導入に相当な慎重さと決断を要してしまいます。しかしここはお試し期間があるから、余計な心配をせずに導入が可能となります。

カテゴリー