経費精算とは

経費精算とは会社で必要とした経費の精算

会社経営に置いて、売り上げを上げる為にかかるコストを経費と呼んで、経費精算とは、一旦営業マンが立て替えた経費を会社の金庫で精算する事となります。立て替えた部分を溜めこまずに毎日清算する事が基本となっている様です。

会計などにも連動する経費精算とは、会社経営によって売り上げを計上する為の準備としても、必要経費でそれが売上げにつながっていれば、かなり効果的な状況で経営を行う事として、考えて行く事となり精算を行う事で経費の計上となります。

経費精算とは、色々と会社の経営でかかったコストをしっかりと把握する事となり、まずは経費精算を行う事で売上げの利益を求めてく状況からも、しっかりとその辺りの対応を取るなど、経費精算とは利益を求める意味でも重要となります。

タッチオンタイム

総合評価 ★★★★★
使いやすさ ★★★★
掲載情報量 ★★★★★
サービス内容 ★★★★★
満足度 ★★★★★
公式サイトへ

タイムカードの集計作業が面倒、拠点の勤怠データを一括で管理したい、そんな悩みをお持ちの企業の経理担当者や管理責任者の方は少なくないのではないでしょうか。そんな悩みを解消してくれるのが、タッチオンタイムの勤怠管理システムです。

タッチオンタイムの勤怠管理システムなら、勤怠をデータ化し、リアルタイムで確認することができます。もちろん、シフトの管理や作成も簡単に行うことが可能です。また、外出が多い営業担当者でも、スマートフォンから簡単に出退勤の打刻ができるところも魅力です。

このシステムを導入することによって、低コストで人件費の削減にもつながります。システムの導入後も、わからないことがあれば電話ですぐに対応してもらえるので安心です。是非この機会に、タッチオンタイムの勤怠管理システムを検討してみてはいかがでしょうか。

続きを読む

IEYASU

総合評価 ★★★★★
使いやすさ ★★★★
掲載情報量 ★★★★★
サービス内容 ★★★★★
満足度 ★★★★
公式サイトへ

この株式会社アウトソーシングSRが開発をした「IEYASU」は、勤怠管理をメインとしたビジネス専用ソフトウェアの1つにあたります。大変その事業展開面においての勤怠管理機能が大変優れており、モバイルなどからも簡易な操作が可能になっています。

また、こうしたモバイルによるリアルタイムでの勤怠管理が出来ると同時に、事業面においての人員配置や出向などにおいての人件費面においてのチェックや支出金額面においての調整なども出来ますので、大変効率の良い人材配置が可能となります。

こうした優れた機能にも拘らず、フリーソフトで無料のものと1人あたり月200円で利用が可能な有償利用のそれぞれ2つのグレードの種類からなります。このため、経済的にも資力が少ない小規模な単人数での事業者などでも利用がしやすいので、とても助かります。

続きを読む

bit-drive

総合評価 ★★★★★
使いやすさ ★★★★★
掲載情報量 ★★★★
サービス内容 ★★★★
満足度 ★★★★
公式サイトへ

勤怠管理は労務管理者様のご努力なしでは為し得ません。〆の日からはタイムカードと勤怠管理票との突合せなどで作業量は一気に増えて大変な状態にならざるを得ません。ましてや休暇取得や残業があったりで煩雑の極みであります。この煩雑さから解放してくれて正確に処理をしてくれる頼もしいシステムをご提案をさせて頂きたく思います。月半ばでの管理も素早く把握できます。つまり時間外勤務の管理で特定の個人への偏りなどの管理も簡単にスピーディに行えます。夢のような処理をしてくれるbit-drive「インターネットを使用した管理システム」のご導入を検討しては如何でしょうか。数店舗の管理者様も支店が遠い処に在る本社の管理者様にも個々人の勤務状態を管理者様ご自身の机の上でしっかりと正しくスムーズに行えます。

勤怠管理はインターネットを使ってスマートに行いましょう。紙ベースの打刻カードから、さっぱりとしたインターネットタイムカードに切り替えて、煩雑な作業から従業員様の負担を軽減いたしましょう。その分を他の作業に集中して頂くとより良い職場を目指せます。

インターネットタイムカードによる勤怠管理の導入をお勧めします。遠方の離れた工場へ出向く出張をする事なく、個々人の勤怠を管理できるbit-driveの勤怠管理システムインターネットタイムレコーダーの導入を考えてみるのも良いかもしれません。

続きを読む

ネクストタイムカード

総合評価 ★★★★★
使いやすさ ★★★★
掲載情報量 ★★★★★
サービス内容 ★★★★
満足度 ★★★★★
公式サイトへ

営業にとって大変なのはタイムカードを押さなくては出勤にならないということです。確かに出張とかあらかじめ、申請していたらその必要はありません。しかし、タイムカードが営業にとって大きな負担になってきたのも事実です。なので、タイムカードを見直してみませんか。ということになってくるのでしょう。結局、従来のタイムカードにから方向転換したほうがいいというわけです。で、次世代のタイムカードがネクストタイムカードなのかもしれません。

別にタイムカードが進化してもおかしくないです。さらに使いこなすことができたらさらに会社にもメリットがでてきます。なんといっても三つのポイントに惹かれるはずです。というのも業界最安値1ユーザー200円です。なので、社員の分だけ費用がかかるわけです。ちなみに一月分ですから、考えてみたら従来のタイムカードより安くなるかもしれません。

なので、ICカードで管理できる方が便利です。オプション機能でICカードのデータを利用して交通費精算も自動化できるという優れモノです。勤怠管理システムとしてかなり、期待ができるでしょう。何しろ、企業は業績アップと経費削減が常に重要な課題になってくるのですから。

続きを読む

EnCollabo

総合評価 ★★★★★
使いやすさ ★★★★
掲載情報量 ★★★★
サービス内容 ★★★★★
満足度 ★★★★★
公式サイトへ

株式会社ニックスにより製作をされたこの勤怠管理専用ソフトウェアの1つである「EnCollabo(エンコラボ)」とは、いかなる事業形態やシフト制、運営スタイル方針などにおいても対応が可能な事業者向きの、優れたクラウドシステムをベースにした大変使える専用ソフトであるといえます。

しかもこのEnCollaboには現在、5種類からなる種別での無料お試しサービスがあり、これらのうち何れか1つを選び、一定期間の間において使い勝手などを確かめたりする事が可能です。また、購入の場合でも1人から100人までの事業所であれば勤怠管理システム制のもので毎月300円の利用料金の金額なので、経済的にもとても助かります。

それにも関わらず、同ソフトは大変高い性能を持ちモバイルでのアプリによるリアルタイムでの操作による管理なども可能ですので、こうした同製品ならではの特性が世の中からあらゆる分野において大変な支持があります。

続きを読む

かえる勤怠管理システム

総合評価 ★★★★★
使いやすさ ★★★★
掲載情報量 ★★★★
サービス内容 ★★★★★
満足度 ★★★★★
公式サイトへ

勤怠管理は以前のタイムカードを使ってやる方法だと、月末などの集計で時間がかかります。そこで、かえる勤怠管理システムで提供している勤怠管理システムを活用することで容易になります。事前に社員全員分のICカードを作成して毎日タイムレコーダーにかざして管理をします。

操作もとてもシンプルで、出勤、退出、外出、戻りなどの項目がありその項目をタッチしてカードをかざすだけで完了します。そして、設備投資が必要になりますが、基本的にはタイムレコーダーが無料でレンタルできます。

そのため、必要になるのが一拠点あたり月々の利用料5000円とタイムカードの作成料です。かえる勤怠管理システムを導入することで、結果的に人件費とコストを抑えることができます。そして、いろいろな拠点がある場合にも統括して管理できるというメリットがあります。しかも、リアルタイムで管理できるので外出しているとかという情報がすぐにわかります。

続きを読む

カテゴリー